7/7 車山高原

★状況報告★
☆1. 危ぶまれたスタート

長ーい梅雨がなかなか開けない関東近郊。
当初の西沢の予定から変更され、八ヶ岳の北、『天狗岳』を目指すことになったタンデム2nd。

予定が変更されたことでドライバーが足りなくなったため、有野も急遽参加!
こうして、『天狗岳』へのタンデム登山が無事開始されることが決まった。

☆2.雨、時々雨

7月7日。七夕の朝。東京は雨。
織姫と彦星の二人は今年は出会えないのか。

談合坂で落ち合うことを約束して、新宿組と世田谷区組とに分かれて出発した2チーム。
そう、まるで織姫と彦星のように!

道も混むことなく、アメンボのようにスイスイと雨に濡れた高速を進み談合坂へ到着した世田谷チーム。
とりあえず、新宿チームの到着を待つ間に朝ごはん🍙
出来立ての豚肉ニラ炒めおにぎりを頂きました😋

新「もうすぐつくよー!」
3分後…
新「通りすぎちゃいました!!」
世「えー!じゃあ追いかけます」🏎️

やまない雨。

さらに10分後…
新「実はまだ談合坂に着いてないことが判明して、いま通りすぎました笑」
世「な、な、なんやてー!!!」

雨の七夕、やはり出会うことは出来ないのか!?
そう思いハンドルを握る力を強めるのであった。

☆3.見えた晴れ間。その期待は何処へ?

長いトンネルを走る。
右足にすこしばかり力が入る。
トンネルを抜けた先は…晴れ間が広がっていた!

さらに、晴れ間に答えるかのように次のサービスエリアで新宿チームと世田谷チームの2台も無事に合流することができた!!

無事に自己紹介を終え、席替えもしつつ走り出すチームとみい。

しかし、無情にも、八ヶ岳に近づけば近づくほど強くなる雨脚に絶望感を感じつつ、唐沢鉱泉へ。
チーム作戦会議を開催!
雨はさらに強くなり、ついに横なぶりに!!

チーム一経験豊富な安宅さんが危険と判断!
作戦中止の決断となった。
代替プランに『諏訪湖』散策を提案する一同。
白鳥ボートを目指して下山することに🚗

☆4.大きすぎた期待値。

『諏訪湖』に到着したメンバーは皆思った。
「あれ?…諏訪湖、なにも無さすぎひん???…」

そう、山中湖湖畔を想像していたメンバーは、その期待を裏切られる事となった!!

とりあえず、山ご飯の予定で用意した昼御飯を作ることができる場所を探そう!と情報戦を開始したチーム。

だが、候補地はどれも条件を満たすことが出来ない…。

そのとき、名探偵コ◯ンのようにピシャリ!と閃いたのだ!

「スカイラインなら土砂降りでも車で上がれるし、休憩所に屋根あるかも!さらにワンチャン晴れ間も出るかも。湿原もあるっぽいし、雨脚が弱まれば歩けるかも?」

☆5.状況開始

作戦行動を開始したチーム。
霧ヶ峰ヴィーナスラインを駆け上がる2台のマシン!

止まない雨は無い!と信じて霧に包まれた霧ヶ峰を突き進む。
そして二ヶ所目の駐車場に差し掛かった時、雨がついに上がったのだった!!

偵察隊隊長キミさんと、ミニオンズ佐藤くんが、昼食会場に最適な区画の確保に成功!!
福原くん、末野くん、みどりちゃんをはじめとした施設課が迅速に部隊を展開!
はづきさんと梅ちゃんの補給課が昼食に用意した『トルティーヤ』を作り上げた!!
その間僅かに5分足らず!!

レンジャー部隊も驚きの速さでの補給作戦は無事に成功した!!

☆6.作戦成功

13:15 霧ヶ峰ビジターセンター出撃

補給を終えたチームは、天候が回復傾向にあるとの判断から最も近い『車山高原』登頂を目指す作戦を開始することに。
早速、登山装備を身につける隊員たち。

「我々はタンデムである!山に登ることこそ至極当然!出撃だ!!」

とみい隊長の合図で車山高原へ足を進めたのであった!
過ごしやすい気温と心地よい風を浴びながら、山頂までは林間学校の中学生たちと挨拶をしつつ、あっという間に到達。

16:15 車山高原山頂(1925m)登頂成功

霧に包まれた『車山高原』山頂で記念撮影を楽しみ、刻々と迫るタイムリミットを考慮して下山開始。

下山途中、時折風で流れた雲が晴れ、下界と青空がのぞく霧ヶ峰はまるで、マチュピチュのように美しい眺めだった。

登るときから既に目をつけていたソフトクリームを楽しみ、一時休憩。

さらに登山道から見下ろした霧ヶ峰ヴィーナスラインは遠く九州に広がる『阿蘇』を彷彿とさせる道々であった!

17:00 霧ヶ峰ビジターセンター帰還

21:00東京着
永遠に工事をしている渋谷を通りかかった時、キミさんから名言頂きました。
「渋谷は日本のサクラダファミリアだ」

その後、21:30頃、新宿駅、三軒茶屋駅にてそれぞれ無事に解散となった。

☆所感
急遽参加させてもらったにも関わらず、温かく迎え入れてもらった皆さんに感謝!
ありがとうございました🎵

曇り予定でしたが、現場は大雨。
世界中での登山経験豊富なスペシャリストで構成された今回のチームは、その場で冷静に判断し現場変更はお見事でした。
いつも冷静に一歩さがって見る視点が大事ですね!

諏訪湖は期待値を上げすぎて予想以上に観光できずも、ヴィーナスラインは正解でよかったです🎵
やっぱりタンデムは山でした!笑

今回のメンバーは皆さんレベルが高すぎて物足りなさが残ったかもしれませんが、楽しい1日となりました!!
お疲れ様でした!!